よく聞くメリハリのあるデザインとは一体どういうこと?

せっかくならいろいろ掲載したい!! でもそれは逆効果。。。

チラシを配布するには、デザイン費、印刷費、配布費といろいろ費用がかかります。せっかくなら一回のチラシ配布でたくさんの情報を告知したいですよね。
セールの内容の他に、イベントの情報。ホームページの事も案内して、少し離れた場所にある店舗の情報も掲載して…と色々とお客さんに伝えたい内容はあります。しかし、一枚のチラシでそんなにたくさんの情報を掲載してしまうと、

何が伝えたいのかわからない

という自体に陥ります。

何が伝えたいのかわからないチラシの末路は…

例えば新聞に入っているチラシは一日に何十枚もありますよね。ターゲットとなるユーザーはそんなたくさんの広告の中にある、あなたのチラシを見る事になります。例えば接骨院のチラシを配布した場合、接骨院のターゲットとなるユーザーの手元にチラシが届いても、何を伝えたいのかわからない状態では

せっかく届いたのにチラシを見てもらえず捨てられてしまった

という事になるかも。
たしかに、何がそのターゲットに食いつくかわからないからいろんな情報を掲載するという気持ちもわかりますが、魚釣りと同じで薄く広くエサを撒くよりも、ポイントを絞ってピンポイントにエサを撒くほうがターゲットは釣れるのです。

例えば、どちらのお刺身を食べたくなりますか?

下の2つの写真ですが、どちらもお刺身の写真です。左は盛り合わせの写真。右はタイを一切れ醤油に付けているシーン。
シズル感のある切り身の方が食べるシーンをイメージする写真になっていると思います。
このように、「盛り合わせ」のようないろいろあるものよりも、「切り身」のようなピンポイントで魅力を伝える事の方が、ターゲットにブレずに届くため広告としては効果的です。
p1-m p2-m

まとめ

チラシデザインのメリハリとは、いかにポイントを強調して何をアピールしているのかということを一つに絞ることです。ファッションもグルメもエンターテイメントも盛りだくさんのショッピングモールのチラシは、「ショッピングモール」という事を訴えかけているので、一般の店舗がマネをしても効果がありません。
ぜひ、あなたのお店独自の魅力を一つだけに絞ってチラシを配布してみてください。きっとその事を魅力に感じてくれるお客さんが訪れ、よい関係性に発展すると思います。

チラシデザイン制作事例
チラシ印刷料金表のご案内

関連記事

  1. コンセプト少なく、企業理念多くなっていませんか

    企業理念多くコンセプト少なくなっていませんか

  2. ic-300x210

    チラシデザインの参考になりそうなWebサイト

  3. FW030-213x300

    写真を安全に使用するために必要な「リリース」って何?

  4. FA072-300x213

    季節ごとにチラシのデザインを変えた方が良い理由

  5. 533df939f148fe300af58a2ba17d6392_s-300x215

    チラシデザインでインパクトを

  6. キーボードイメージ

    adobe Illustratorで文字詰めを設定する方法

コメント

  1. Today, while I was at work, my cousin stole my iPad and tested to see if it can survive a thirty foot drop, just so she can be a youtube sensation. My iPad is now broken and she has 83 views. I know this is completely off topic but I had to share it with someone!

  1. この記事へのトラックバックはありません。