1枚のチラシの中でもメリハリを付けた方が良い理由

たくさんの情報を載せない方が良い!?

「たくさんの情報量があるから良い!」とは断言出来ません。コストパフォーマンスを上げる方法を考えましょう!

チラシを作成するにはデザイン、印刷、配布まで行うと一回の宣伝で相当な費用と手間がかかります。それなら出来るだけ一度にたくさんの情報を載せたくなってしまいますが、 チラシを見るお客さんにとって、たくさんの情報は読んでもらえない原因になってしまいがちです。

お客さんにとって必要な情報は、目的とする商品があるか、目的の商品は無くても興味を引く商品はあるかということです。

あれもこれもと欲張ってたくさんの情報を掲載してしまうと、どれが重要な情報なのか分からなくなり、読むのが面倒なチラシになってしまい、逆効果なのです。
できるだけシンプルに、目玉商品や、お得な情報など、注目してほしい情報を大きく、その他の商品は控えめにし、紙面に「メリハリ」をつけることが重要です。
紙面にメリハリをつけることで、結果的にそのチラシが何を訴求するチラシなのがが明確になります。
たくさんの情報を載せることよりも、ポイントを絞って伝えるほうがお客さんにも良い印象を与えられるはずです。

メリハリのつけ方

では実際にどういった部分にメリハリをつければいいのか?

まずチラシを手にとったお客さんが最初に目に付きやすいのが、写真とキャッチコピーです。
方法の一つに文字を大きくすることが挙げられますが、他の部分と差別化を図るには2倍以上の大きさが必要です。
なので、方法としては文書の一部を大きくする、金額のみ大きくするなどです。 また、色を変えるのも効果的です。 特に赤や黄は目立つ色ですが、そればかり使ったり、背景の色が似た色味だとあまり効果がありません。赤や黄を使うなら背景を暗めの色にするなど、ここでもメリハリが大切です
。 その他にも余白をたくさんとることで、洗練された雰囲気を出したり、枠で囲って分類することで整理されて見やすくなります。
チラシデザイン制作事例
チラシ印刷料金の見積もり依頼フォーム

関連記事

  1. FA072-300x213

    季節ごとにチラシのデザインを変えた方が良い理由

  2. 繋がり

    鍼灸院・整骨院のチラシ作成でのアドバイス

  3. AdobeStock_179367408

    チラシにデザインは必要ない?

  4. FW030-213x300

    写真を安全に使用するために必要な「リリース」って何?

  5. a3a73ddba706859bf38a054164970bab_s

    印刷通販サイトを活用してチラシを作る

  6. 5745a92bacf6d21ebb657b7aec92c3a3-300x199

    チラシデザインをこだわると得られる3つの重要なこと