新聞折り込みチラシを配布する曜日はいつが最適?

配布する曜日の選択肢

新聞折り込みチラシは新聞の休刊日以外であればいつでも折込日を指定する事ができます。
一週間を通してみると、土曜日や日曜日のチラシが多いイメージがありますが、実は不動産、家電量販店のチラシを省くと、一週間の間では特に波は無いそうです。 土日にチラシが多いのは、土日に来店(来場)して欲しい不動産や家電量販店のチラシがカサ増ししていたからなのです。
では、一般的な店舗が新聞折込をするには何曜日が良いでしょうか。

配布後のユーザーのアクションに予測をつけて

例えば学習塾のチラシは月曜日が良いとされています。
これは、土日に子供が遊んで月曜日から、「さぁ今週も勉強の一週間がはじまったぞ!」とお母さんの脳にスイッチが入ったタイミングだと、塾という学習施設の情報を見てもらいやすいというものだからだそうです。
上にあったように、土日に家族みんなで来店して欲しい場合は、休み前にチラシを取って、お父さんが帰宅して見てもらい明日からの休みにおでかけしようかという家族会議にチラシを参加させるという目的で金曜日に入れても良いでしょう。
このようにチラシを配布したあと、ユーザーが手に取った後の流れも予測しながらだと配布する曜日の設定も考えやすくなります。

土日と平日、どちらが効果的?

土日と平日では、チラシを見るユーザーが違うという事を考えてみると良いでしょう。平日は外に出ず家で家事の仕事をしたり、年金暮らしの高齢者の方が見る機会が多いと思います。
この平日にお父さんをターゲットにした釣具店やゴルフ用品のチラシが入っていても、見てもらえる確立が減ってしまうかもしれません。
逆に土日はふだん新聞をゆっくり読めないお父さんやお子さんたちが手にする可能性が高いので、化粧品の通信販売チラシなど、主婦ターゲットのチラシは効果的ではないかもしれません。
土日、平日で家に居る人、新聞を手に取る人が誰なのかを想像しながら曜日設定を考えてみてください。

まとめ

このようにターゲット層を考えながらチラシの配布曜日を考えてみるとわかりやすいのですが、それだけでなく競合のお店などが何曜日に入れているか、という事も考えてみましょう。 あえて同じ曜日に入れて勝負してみるか、1日ズラして配布日時の戦略を入れて曜日を設定するか。
チラシを一枚でも反響のあるものにするため、配布曜日は慎重にお選びください。

チラシ印刷料金表のご案内

チラシ印刷料金の見積もり依頼フォーム

関連記事

  1. 日本地図

    手配りのチラシを確実に読んでもらう方法

  2. 配布業者の選び方

    チラシ配布業者の選び方

  3. 75e4a62dda68a2d8e20e60b00667c627-300x200

    フライヤーの語源

  4. pls1829441_300x200

    新聞折り込みチラシを配布する際のスケジュールの立て方

  5. 9e911f86c028109879203cabdb9cfaad-m-300x199

    ダイレクトメールを広告割引で発送する場合の注意事項

  6. 信頼イメージ

    新聞折り込みチラシのメリットとデメリット