前回、今よりも多くの反響を得るためにやっておきたい3つとは?についてどうしたらいいのかについて簡単に書きました。

チャネルがなんなのか、配布地域の決め方は?、どうやれば消費者が分かるのかなど…

 

ポイントのまとめとして…

ターゲットの把握

チャネル配布地域の変更

売り上げが集中する時期の把握

 

これらのことを分析したSTP分析というものがあります。

プロセスのセグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングの頭文字を取って、日々変化する市場の調整や調査、開拓として活用されています。

ですが、プロセスは順番通りでなくてもいいのです。

そのあたりが難しいところです。

 

2016年の現在、経済学、経営学などを専攻している大学生も

経営の基礎として講義の一部として習っているほどです。

 

いまだからこそ!そしてまずは!STP分析について覚える必要があります。

では、プロセスはどこで使われるのか解説していきます。

 

 

STP分析を通す

STP分析はマーケティング戦略の1つです。

頭文字Sのセグメンテーションは市場細分化といわれ、顧客のニーズやサービスやパターンなどを分けて、マーケティングをしていく手法です。

細分化された顧客グループは頭文字Tのターゲティングに移り、どのグループで顧客として引きずり込もうか作戦をたてます。

 

ターゲティングで選定されたグループの中で何を与えるか、喜ばれるのか、望んでいるものはなにか等…

 

顧客が望んでいるもの以上の価値(バリュープラス)を考える必要があります。

これを頭文字Pからとってポジショニングといわれます。

 

この流れがSTP分析の一般的で新しい業界に踏み込むためのマーケティング戦略です。

 

 

※STP分析の注意点※

・市場に介入しようとある程度時間がたたなければ、売り上げは見込めません。

・母集団が大きすぎると、費用だけでなく、新たな商品を開発するとき

・顧客が望むバリュープラス商品が開発できません。

・細分化をきちっと決定しないと、予想以上の費用が掛かります。

・母集団が決まったとしても、どうやって売り出していくのかが重要になります。

・そのためには、CMやチラシやポスターなどで売り出していかないといけません。

・細分化された市場は狭くなっている。そのため売り出し方にも工夫が必要です。

 

 

STP分析で求められること

競合他社よりも市場の流れを知り、独自性や優位性を確立することができる。

競合他社よりもバリュープラスのものが創造できれば「成功」ともいえる。

 

どうでしたか、反響を得るためには競合他社よりオリジナルで

顧客に合していかなければなりません。

 

反響を得るための方法はSTP分析以外にもいくつかの手段があります。

市場の求めるものは変化するだけでなく、進化しているのが現実です。

それはポスターやチラシなどを生業としている広告業界でも同じです。

 

どうやって消費者に見てもらえるのか…

どうすれば興味を持って頂けるのか…

 

弊社はデザイン~印刷だけでなく、マーケティング調査も行っており、今の市場のニーズを察知しながら、チラシのデザインから印刷・配布を

承っております。

 

お問い合わせ(←クリック!)からフォームにいけますので、マーケティング調査やデザイン~印刷についてお気軽にご相談ください。

無料お見積もり(←クリック!)もしていますので、一度試してみてはいかがでしょうか?
 
チラシ印刷料金表のご案内
チラシ印刷料金の見積もり依頼フォーム

デザイン制作も 格安印刷も お任せください!

チラシの無料見積もり・お問い合せ

通話無料 つくろう こうこく 0120-296-559

運営/株式会社グラフィティー
電話番号/06-4796-2075
メール/info@chira-saku.jp
営業時間/10:00〜18:00

印刷料金を見る
制作実績を見る
無料お見積もり・ご相談は0120-296-559

電話番号/06-4796-2075
FAX/06-4796-2076
メール/info@chira-saku.jp
営業時間/10:00〜18:00

製作実績を見る 印刷料金を見る ターゲットセグメント
ページ上部へ戻る

チラシ作成についての見積・相談は無料です

無料見積もりフォーム

お電話でのお問い合わせも受付中

0120-296-559