チラシと言ったり、フライヤーと言ったり、リーフレットと言ったりパンフレットと言ったり・・・

違いがよくわからないし、チラシ作成をお願いするときになんと言って注文すればいいのかわからなくなりますよね。

 

特に違いはない??

チラシ
イメージとしては大量に印刷してバラまく、スーパーのセールとか大安売りといううたい文句が書かれたものを想像するのではないでしょうか。
チラシの語源は「散らし」です。
語源の通り、まき散らす為の広告物です。
とにかく目にとまる事が大切で、デザインが派手なものや商品の販促を促すような内容が多くなります。
また主な用途としては、新聞折込で利用される事も多く大量に印刷する為、コストを抑えるため薄めの紙が使用される事が多いです。

 

フライヤー

フライヤーも元々はチラシと同じ扱いでした。
チラシの事を英語でフライヤーと言いますし、呼び方の違いが用途の違いにつながったようです。
フライヤーと聞くとライブの告知チラシやショップのオープンチラシなどをイメージする方が多いと思います。
フライヤーはチラシと違って撒き散らすというよりは店舗に据え置いてお客様に手に取ってもらったり、自ら手配りする事が多いです。
お客様に手に取って持ち帰ってもらう事を考えて、サイズは鞄に入るような小さめのサイズに片手で持っても自立するような少し厚みがある紙を使用する事が多いです。

 

リーフレット

リーフレットで一般的なものは、A4サイズの三つ折りリーフレットです。

サイズ的には手に取りやすいサイズですし、スペースは限られてしまいますが表裏3面それぞれに違った情報を載せるので、見た目のコンパクトさに反して多くの情報を載せる事が可能です。

パンフレットとなるとちょっとおおげさでパンフレットの縮小版の用なもの、気軽に手渡ししたい場合等はこのリーフレットという広告物が最適かと思われます。

ご予算的にもパンフレットよりは安く対応させて頂く事が可能ですので、とりあえずリーフレットをひとつ作っておくというのも手です。

また、A4の三つ折りサイズだとDMとしても長3封筒に入るサイズですので、扱いやすいです。

 

パンフレット

A4サイズの見開き4ページから8ページが一般的です。

伝えたい情報がたくさん有るときや、対面でお客様に説明出来る場合はパンフレットをおすすめ致します。

画像をたくさん載せる事が可能ですし、全商品のラインナップや、会社の沿革等、情報量の多いものを載せる事が可能ですので、お客様の信頼も得やすいです。

ページ数を増やすことによりボリュームも上乗せできて手に取ってもらえる確率も高くなります。

 

このように広告には種類もあればそれぞれの意図も違います。

使い分けが売り上げアップに繋がると思います。

 
はじめてチラサクでチラシ作成を検討の方へ
チラシデザイン制作事例

デザイン制作も 格安印刷も お任せください!

チラシの無料見積もり・お問い合せ

通話無料 つくろう こうこく 0120-296-559

運営/株式会社グラフィティー
電話番号/06-4796-2075
メール/info@chira-saku.jp
営業時間/10:00〜18:00

印刷料金を見る
制作実績を見る
無料お見積もり・ご相談は0120-296-559

電話番号/06-4796-2075
FAX/06-4796-2076
メール/info@chira-saku.jp
営業時間/10:00〜18:00

製作実績を見る 印刷料金を見る ターゲットセグメント
ページ上部へ戻る

チラシ作成についての見積・相談は無料です

無料見積もりフォーム

お電話でのお問い合わせも受付中

0120-296-559