著作権について

著作権は作品を世に出すような作詞家や作曲家、画家などの著名人だけでなく、誰でも持つことができる権利です。楽曲や文章、イラストや写真などの知的財産(著作物)を、当人の許可無く第三者に勝手に使われないために設けられています。著作権は著作者の死後50年まで守られ、著作権は著作物を創った時点で発生します。

著作物を利用するには

著作物は、著作権者の承諾なしに無断で利用することはできません。著作権者から著作物の利用許可を得て、初めて使用することができます。また、出版権の設定や著作権の譲渡、文化庁長官の裁定を受けるなど、法的に権限を取得することが必要です。権利の所在が不明なものや承諾を拒否されたものは、トラブルを避けるためにも使用しないことが鉄則です。

著作権に該当するもの

チラシ7他社のチラシを参考にした場合、イラストや写真、キャッチコピーやデザインなど全てに著作権があります。キャッチコピーの一文の前後を入れ替えただけのものや、デザインとキャッチコピーのレイアウトを入れ替えただけのものなど、明らかに真似しているような印象を受けるチラシは、著作権侵害にあたることもあります。

また、子供が描いた絵や作文も著作物にあたり、写真や映像にうつっている人には肖像権があります。街中などの群集写真なら問題ありませんが、特定の個人を撮影した写真を掲載する場合は掲載の許可が必要です。

誰もが知っているキャラクターやマンガの登場人物に似たイラストの無断掲載もNGです。著作権は素人では判断しにくいので、チラシ制作を行う会社に依頼することをおすすめします。

折込チラシのデザイン作成・印刷なら弊社にお任せください。折込チラシ・印刷を手がける弊社では、イラストや写真の素材データベースに、200,000点以上ストックがございます。弊社が用意するイラストや写真は何点でも無料でご利用頂けます。

また、弊社では担当デザイナーとアートディレクターによるデザインの会議を行い、デザイン性の向上や反響率の向上を図っています。格安料金でチラシ印刷を行うことが可能になっていますが、詳細が気になるという方は見積もりと合わせてご対応させていただきます。