紙面のカラーバランス

色の配色

色の配色はデザインの仕上がりを大きく左右する重要なポイントです。 安売りの広告なのか、高級感を出したいのか、親しみを感じさせたいのか、インパクトを持たせたいのか…。目的によってそれぞれに合った効果的な色を使いたいですね。 しかし、色の組み合わせや、組み合わせた色の配分によってもイメージが変わります。さらに使う場所によってもイメージが変わる場合があります。 カラーバランスのコツは3色(メイン、サブ、ポイント)+白黒でまとめることです。様々な状況で色の使い方が変わりますが、ある程度方向性を定めた上で配色を決定する事がキレイな広告を作る決め手になります。

基調色

広告に使いたい写真がある場合、それを中心に配色を考えると良いです。 例えばその写真が青っぽい場合、青基調で全体をまとめるのか、それとも青をポイント使いで目立たせる色として使うのかを決めます。写真のポイントカラーと、紙面の基調色(もしくはポイント色)を統一させると全体的に締まって見えるのでキレイな広告に仕上がります。 赤と緑、青と黄色など、補色でまとめすぎるとギラギラした派手なイメージになりますので、安売りチラシで無い限りあまりオススメできません。どのようなデザインにするにしても、1~3色程度の主役色を決めた上で脇役色をできるだけ控える事が重要になります。

 

はじめてチラサクでチラシ作成を検討の方へ
チラシデザイン制作事例

関連記事

  1. チラシ

    掲載サイズや商品によって色に変化を持たせる

  2. 繋がり

    鍼灸院・整骨院のチラシ作成でのアドバイス

  3. bd839144101d1dbb409bc803fd36c90e_s

    鍼灸院・整骨院にチラシ広告規制がある理由

  4. FW030-213x300

    写真を安全に使用するために必要な「リリース」って何?

  5. 66dbb8345954d8178f95315f8359f246-300x238

    チラシのデザインを頼むときに用意するもの

  6. gf1060461492l-300x181

    そのチラシ本当にお客様に届いていますか?

コメント

  1. I view something really special in this website.

  1. この記事へのトラックバックはありません。