印刷用のデータ作成時にRGBCMYKといった言葉を目にするかと思います。

CMYKとRGBとはいったいどういうものなのでしょうか?

CMYKとRGBは色の表現方法のことを表します。

RGBとは

RGBとはRed()Green()Blue()の頭文字をとったもので、この3色は「光の三原色」と呼ばれます。

テレビやパソコンのモニターなどはこの3つの色味の混合率をかえ、さまざまな色味に対応しています。光の三原色はその名の通り、光の色のことで、発光する色味です。ですから黒は再現不可で、モニターなどの黒は光を発しないことで対応しています。

この光の3原色を使った色の再現は「加法混合」と呼ばれ、色味を混ぜれば混ぜるほど、白に近くなっていきます。

CMYKとは

CMYKとはシアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)とキー・プレート(Key Plate

の頭文字をとったもので、「色の三原色」シアン、マゼンタ、イエローに黒色を合わせたものをいいます。

CMYKは主にプリンターなどの印刷に用いられる色の表現方法で、4つの色味の混合率をかえ、さまざまな色味に対応しています。

RGBと違い「減法混合」と呼ばれる色の再現方法で、混ぜれば混ぜるほど、黒に近くなっていきます。

モニターなどで表示する場合がRGB、印刷するときはCMYKと考えると良いでしょう。

再現率の違い

RGBとCMYKでは色の再現率が異なります。

RGBの方がより多彩な色を表現でき、色鮮やかになります。モニターではRGBでの表示、プリンターではCMYKでの再現となるため、印刷物では紙の質やプリンターなどにより異なりますが、多くは若干色味が沈む、暗くなる印象になります。

そのため、パソコンで見ていたものと印刷したものが色味が全然違う!ということが起こりうるのです。

CMYKをパソコンモニターで表示したら?

モニターではRGB、印刷ではCMYKとお話しましたが、CMYKでつくられた画像データをモニターで表示することも可能です。RGBの方が表現できる色数が多いため、CMYKでの表現をもとにRGBへと変換され表示されます。

しかし、色の変換はソフトウェアに左右されるため、全てが完璧に変換されるものではありません。

特にスマートフォンのiPhoneではCMYKに対応していないため、本来の色味と異なる表示となるため注意が必要です。

まとめ

印刷されるもの、モニターで表示されるものといった色の再現方法の差があることがわかりました。

弊社では印刷物を主に扱うため、モニターをCMYKの表示に適した設定にしています。お客様に作成したデータを確認していただく際にもCMYKのデータをお渡ししますので、モニターでの表示と色味が異なってしまう事はご理解ください。

また、iPhoneではCMYKの色の再現ができません。作成データをチェックされる際はご注意願います。

はじめてチラサクでチラシ作成を検討の方へ
チラシ印刷料金表のご案内

デザイン制作も 格安印刷も お任せください!

チラシの無料見積もり・お問い合せ

通話無料 つくろう こうこく 0120-296-559

運営/株式会社グラフィティー
電話番号/06-4796-2075
メール/info@chira-saku.jp
営業時間/10:00〜18:00

印刷料金を見る
制作実績を見る
無料お見積もり・ご相談は0120-296-559

電話番号/06-4796-2075
FAX/06-4796-2076
メール/info@chira-saku.jp
営業時間/10:00〜18:00

製作実績を見る 印刷料金を見る ターゲットセグメント
ページ上部へ戻る

チラシ作成についての見積・相談は無料です

無料見積もりフォーム

お電話でのお問い合わせも受付中

0120-296-559