チラシデザインでインパクトを

チラシの特徴を生かすためにデザインの重要性その作成の鍵を知ろう。

 

 

チラシという宣伝方法

kenta8452dds_tp_v

今やネットの時代であり、商品やサービスの紹介においても、ネット広告が基本となっています。また、ネット以外の宣伝方法としては、かつて基本とも言われていたテレビCM等があります。こうしたメディアに対して、雑誌の広告やチラシは、宣伝方法としては少々古いものであり、やや時代遅れな感じが否めないという人もいることでしょう。しかし、こうしたチラシによる宣伝方法は、いまだに使われている点から見ても、決してその効果が期待できないということはありません。実際に今の時代でも、ポスティングは頻繁に行われていますし、効果をあげています。しかし、その効果は実際どれくらいの期待ができるものなのでしょうか。確かにポスティングは頻繁に行われてはいますが、その全てが大きな宣伝効果をあげているとは言えません。つまり、こうしたチラシ広告は、ただ作って配ればいいというものではないのです。

 

 

他との差をつけるために

shiosio_kasdfjk_tp_v

では、どういったチラシが今の時代でも効果を上げているのでしょうか。効果的なチラシとそうでないものの違いは、チラシのデザインにあります。たとえばポスティングでは、配布よりもまずそのチラシ作成の段階で、「他との差をつける必要がある」のです。もちろん、紹介している商品やサービスの内容も重要なのですが、そうしたものを宣伝するために必要なのは、「最初に見たときのインパクト」なのです。多くの場合、チラシは興味のない内容であれば、受け取ってそのまま廃棄されるケースが多いものですが、だからこそ、「いかにして興味のない内容でも見てみたいという印象を与えられるか」が勝負になってきます。広告を効果的に出すためには、まずチラシ作成の段階で、インパクトのあるチラシデザインをするということが重要なのです。

 

 

印刷の段階で必ず確認を

freee151108368494_tp_v

広告は、ただ作成すればいいというものではありません。いかに「そのサービス内容に興味を持たせられるのか」が重要だと考えれば、その勝負はもうデザインの段階で始まっています。たとえば商品の写真の掲載ひとつにしても、その写真写りや角度、そしてなによりも「他にはないインパクト」という点で、いかに興味を持たせられるか、が大切なのです。完成したチラシは、後はただ配るだけなのですから、他の業者との差をつけるためには、チラシデザインから印刷の段階で、十分な宣伝効果が期待できる内容になっているのかを、確認しなければなりません。この点を十分に把握して、チラシ作成をすることが出来れば、こうした宣伝方法は、決して古いものでも時代遅れのものでもなく、今の時代においても、十分にその効果を期待できるはずなのです。

 

 

まとめ

bon_tokeiwomiru20150207155800_tp_v

ポスティングという宣伝方法は、今のネットの時代から見ると、少々時代遅れな印象が避けられない面があります。しかし実際のところは、今の時代でもチラシによる宣伝は、十分に効果をあげているのです。そして、その鍵を握っているのが、チラシデザインという創意工夫の部分です。この辺りがわかっている業者は、古くからの宣伝方法でも、十分に効果をあげているわけです。

チラシデザイン制作事例

関連記事

  1. チラシ

    掲載サイズや商品によって色に変化を持たせる

  2. PASONA_34_TP_V-e1469611562872-300x225

    鍼灸院・整骨院のイイデザインチラシのご紹介

  3. 66dbb8345954d8178f95315f8359f246-300x238

    チラシのデザインを頼むときに用意するもの

  4. 色えんぴつ

    色にまつわる話

  5. ninja_tirashi2-300x207

    江戸時代から続く「チラシ」という広告媒体

  6. 繋がり

    鍼灸院・整骨院のチラシ作成でのアドバイス