ビジネスアイテムとしてのチラシ

外注しなくても制作が可能であるにもかかわらず、外注した方が良い場合、ビジネス的観点から考えると良いでしょう。
チラシのビジネスとしての立ち位置はどのようなものでしょうか。

現代においても未だにチラシでの販促は有効

誰もがインターネットを利用している現代では、インターネット広告の有効性が非常に高く評価されています。しかし、そんな状況であっても、昔ながらの広告手段、チラシも未だに有効な広告手段です。以前ならばチラシは、印刷会社に外注しなければ製作することは不可能でしたが、パソコンとプリンターが一般に普及している現代では、外注しなくても製作することができるようになっています。外注するとなると、当然、料金は発生します。しかし、所有しているパソコンとプリンターを駆使して作成すれば、料金を支払う必要はなくなります。もっとも、用紙代やインク代、電気代等はかかってしまいますが、それらをすべて合わせたとしても、外注した時に支払う料金には遠く及びませんから、非常に経済的です。そういったことから、現代はチラシを製作するには非常に良い時代であり、また、そのことがチラシが現代でも有効な広告手段になっている理由の1つにもなっているのです。

ビジネスアイテムという認識

但し、そのチラシを個人的に使用する、もしくは町内会やサークル等の催しといったビジネス以外の用途で使用するのであれば良いのですが、ビジネスに関する広告手段として使用するのであれば、所有しているパソコンとプリンターで製作することは、ひとまず考え直した方が賢明です。なぜなら、印刷会社の製作のチラシとは、格段に仕上がりが違うからです。印刷会社は市販されているプリンターよりも数段、あるいは何倍も高性能な機械で印刷をしていますし、また、用紙に関しても市販されている用紙よりも高品質な用紙を使用していますから、仕上がりに差があるのは当然です。ビジネスで使用するチラシは、歴としたビジネスアイテムです。そのビジネスアイテムが仕上がりの悪いものでしたら、企業、もしくは店舗の信頼性に関して疑われる可能性があり、そうなるとビジネスチャンスを逃してしまう可能性があるのです。従って、ビジネスに関するのであるのならば、外注することが賢明な判断だと言えます。

チラシ作成料金を低く抑える方法

そうなると当然、前述した料金の問題が発生します。コストカットは現代における企業運営、店舗運営に最優先事項と言っても決して過言ではない必須条件ですから、頭が痛いところです。しかし、料金は発生しますが、料金を低く抑えることは可能です。自前でチラシを製作するつもりだったのであれば、当然、デザインに関する知識や技術、経験は持っているはずです。ですから、デザインデータは自前で作成し、作成したデザインデータを持ち込んで、印刷のみを依頼すれば良いのです。そうすれば、デザインデータ作成料は一切かからないことになりますから、その分、料金を低く抑えることができます。パソコンとプリンターが一般に普及したせいで、印刷会社は立ち行きが難しくなってしまっていますので、あの手この手を使って顧客確保に努めています。従って、現在、作成したデザインデータの持ち込みを受け付けているところは意外と多くありますから、この方法を使って料金を低く抑えることは十分可能です。

まとめ

パソコンとプリンターが一般に普及している現代では、チラシは外注に頼らなくても製作することができます。しかし、ビジネスアイテムとするのであれば、外注との仕上がりの差は歴然であり、そのことで企業、店舗の信頼が損なわれてしまい、ビジネスチャンスを逃してしまう恐れもありますから、外注することが賢明な判断です。問題となるのは料金ですが、デザインデータを自前で作成し、それを持ち込んで印刷のみを外注にすれば、料金を低く抑えることはできます。

関連記事

  1. af9970044241-201x300

    チラシデザイン用語には何があるの?(A、Bサイズ規格編)

  2. SALE

    格安でチラシ印刷ができる理由とは

  3. 製紙工場

    紙の厚みについて

  4. スクリーンショット(2016-01-26 13.48.47)

    印刷にも種類があるんです

  5. 違い

    チラシとフライヤー、リーフレットとパンフレットの違い

  6. 88e383064fb928392bd45f5d64e0e800_s

    チラシ広告を作成するなら