成功事例でイイチラシに

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_m-300x225

54831843802a2000354641480097c49f_s

私たちの身近なところでも成功事例はありますよね。

ななめドラム洗濯乾燥機、信号機などは、生活の一部として活躍しています。

チラシに成功事例を取り入れてイイチラシにすることはとても大切なことです。

この記事は御社が書く事じゃない。という読者の声も聞こえてきそうな記事内容ですが、

販売促進なんてしそうにない電車広告や信号機も成功事例となるまでに、宣伝活動は行っています。

例えば、信号機を販売しているとある企業のHPを調べてみるとパンフレットやリーフレットとして社内などに設置している実例があります。

ドラム洗濯乾燥機はいろいろな企業から最新型のものが次々出ていて折込チラシで毎日見るほどです。

打ち出したい商品は、必ずと言っていいほど販売促進が行われています

弊社でもチラシ作成を受けた時、いままで反響(成功事例)のあったチラシなどをアイデアとして提案することがあります。

反響のあったチラシはもともと成功したものですので、次も成功する確率は高いです。

他で掲載されている成功事例を取り入れることも

成功事例は新しくなっていくので最近のものを参考にしていきましょう。

 

 

チラシ作成の成功ってなんなの?

まず、成功事例とはなんなのでしょうか。

自分がやりたいことをイメージするために参考にするためにとても便利なもの。

ただし、そっくり真似をしても大抵うまくいかない。 引用:はてなキーワード

とあります。

Wikipediaですぐに出るだろうと検索してみたんですが、出なかったのでこちらを引用させていただきました。

引用を見てみると最後は「便利なもの」と括られています。もっとはっきりな定義が出てくるんだと思ったのですが…

前置きで商品をいくつか挙げましたが、すべては筆者の独断によるものです。

この記事を書いている筆者も成功事例の定義があやふやでよく分かっていません。

そしてこの記事を読んでいる読者も独自の定義を立てているだろうと思います。

もし他人が成功事例といえば、自分もそれを成功事例だとほとんどの人は信じてしうのではないでしょうか、その逆も同じく。

勤めている業界に何年もいれば経験や勘で把握することができます。弊社にはその経験があります。

弊社は何年もチラシを作らさせていただいているため、成功事例の一定の基準がわかっており、基準値を超えると成功事例(反響があった媒体)としています。

では、チラシ業界の基準はどうなっているのでしょうか?

 

 

チラシ作成の成功と言える基準

反響についての計算方法を前記事に書いたことがあります。

チラシをはじめて作る時、コストを気にして業者選びをすることが多いです。
様々なチラシ作成業者が「10,000枚で◯◯円〜(印刷費込み!)や、「1枚◯円で作成できます!!」などというふれこみでWeb集客をしています。
この時のコストとは、1枚あたりの単価(経費)で、下のような計算式にあります。

総予算 ÷ 作成枚数 = 1枚あたりの作成コスト

上記の通りに計算すれば、1枚あたりの経費単価が現れます。
しかし、この中にはチラシ広告に大変重要な反響というワードが抜けています。
正しいチラシのコストは、下のように考えるべきではないでしょうか。

総予算 ÷ 反響数 = 1件獲得にかかるコスト

1枚あたりにいくらかかるかをいかに安くするかという考え方は、そもそもチラシでは反響を得られないという考えからくる発想だと思います。
反響を得られないのであれば、そもそもチラシを作成するべきではないし、作成するのであれば、一件あたりのコストとして考えたほうが理に叶っているのではないでしょうか。
たしかにチラシを確実に反響に結びつけるのは難しい作業で、手間もかかります。
しかし、使い捨てのチラシで毎回博打のように当たり外れを味わうよりも、一回ずつたしかな広告を作成し、お店や事業の武器にしていったほうが良いお金の使い方だと思います。

引用:チラシ作成で失敗しない為に業者選びでやるべきこと

 

広告業ではおなじみの

総予算 ÷ 反響数 = 1件獲得にかかるコスト

を弊社では一つの基準としています。

これと似たようなもので

顧客獲得単価=コスト÷コンバージョン数

というのもあります。

コストは広告費、コンバージョン数は成果につながった人数です。

Web広告用語ですが、どちらも同じ指標なのでどちらか覚えておけば役に立ちます。

 

アイデア

 

 

弊社が参考にしている成功事例サイト

ここから弊社が参考にしているサイトを一部紹介したいと思います。

 

チラシ作成サイトで掲載している成功事例

チラシ作成業者は成功事例を多数掲載しています。

チラシ業者だけにチラシに直接繋がる内容が多いですね。

 

広告と販売促進を成功させるマーケティングコンサルト

成功事例も豊富ですが失敗の事例も掲載していたのでピックアップさせていただきました。

 

売れるチラシ研究所

いろいろな業界で販売促進を成功させています。

ですので、他業種はどうやって販促しているだとか、集客アップさせたのかがいろいろ載っています。

 

「A4」1枚販促アンケート広告作成アドバイザー協会

こちらはちょっと変わったサイトです。

 

他業者サイトの成功事例

他業種の成功事例ですが、なにが流行るか、チラシはどんな風なものが好まれるのか、勉強になります。

 

スタートアップトラクション

スタートアップ・トラクション成功したサービスやアプリのマーケティング事例から集客・PR方法を学べるサイトです。

 

オールアバウト

ブームを生み出したりニュースにもなるマーケティング戦略食品を分かりやすく解説しています。

 

成功事例を表彰するコンテスト

コンテストで出される事例はレベルが高く、非常に参考になります。

 

日本マーケティング大賞

日本マーケティング大賞は優れたマーケティング活動を表彰するコンテストになります。

チラシデザイン制作事例

関連記事

  1. スクリーンショット(2016-01-12 14.05.43)

    チラサクが出来ること

  2. 違い

    チラシとフライヤー、リーフレットとパンフレットの違い

  3. be327ba71efe4a49ce4bf5a1f4cd5751-300x201

    無駄なコストを払ってない?チラシを効果的に作る方法

  4. sd0010001645l_300x200

    ダイレクトメールを捨てられないようにする3つの心得

  5. 工程

    チラサクにて発注された際の流れ

  6. Fotolia_162406605_Subscription_Monthly_XXL

    アンケートの回答率を上げる方法

コメント

  1. I’d have to examine with you here. Which is not one thing I usually do! I take pleasure in reading a post that may make folks think. Additionally, thanks for permitting me to comment!

  1. この記事へのトラックバックはありません。