チラシデザインを制作するとき、デザイナーはどんなところに気を付けているのでしょうか。

グラフィックデザイナーという仕事は一見、自由度が高く自分の意見を尊重する職業におもえますが、

あくまでも依頼者の意向に応じた作品をつくるのが仕事です。

打ち合わせや修正など何度も行っています。

そんなデザイナーが絶対にやってはいけないルールがあります。

今回はこれをデザイナーがやってしまっては絶対ダメ!というのを書いていきます。

これを覚えただけでも、広告業界についてちょっと分かってきますよ。

トンボ、塗り足し、3mm

 

 

チラシデザインの業界用語

トンボ

印刷所に出すうえでやっておかなければいけない工程がトンボです。

トンボとは、その角と中央と辺の外側に示してあるマークのことをいいます。

角のトンボはコーナートンボ、中央にあるトンボはセンタートンボといいます。

広告業界では3mmルールといわれ、一般的な印刷物は3mmで作成します。

直線上にあるトンボに合わせてカットしていきます。トンボはなぜあの形なのでしょうか。

(かぎかっこ)だと定規を使ってカットする場合、斜めにカットすることが無くなるからです。

トンボを作っておくことでカットする際、ズレ幅を軽減することができます。

私たちはチラシデザインの仕上がり前にミスがないか提出します。提出する際、余白部分を切り取って提出しますが、出来上がりの状態が分かるため、ミス以外のデザインを良くするためその心掛けをしています。

このあとに記述するトンボと「塗り足し」は深く関係しています。

豆知識

海外では3mmや2mmや1mmをルールとしている国があります。

このルールは国によって異なってきます。

3mmルールは世界共通ではないといえます。

 

塗り足し

「印刷物を作成するとき、デザイナーは仕上がりを出す前に余白部分を切り取って提出」と書きました。

切り取る際、数mmズレる場合があります。

このとき、数mmのズレのせいで、余白の白い部分もいっしょに混ざってしまうことがあります。

それをさけるため「塗り足し」を行います。

塗り足しの役割とは、切り取る際に余白の白い部分が仕上がりの中に混ざってしまわないよう、

大目に写真や色の幅を拡げておくことです。

3mmの塗り足しを行うことで十分補えることが可能です。

 

文字も切れないための心構え

文字や切れてはいけない写真も外側ぎりぎりにはっておかないようにしておきます。

内側にずれてしまうときがあるので、ずれてしまったときのためにも、

3mmの余裕をもって切れてはいけない部分を真ん中によせます。

これはトンボを作成したときから考えて文字やイラストや写真の配置を決めておかなければいけません。

もし、写真や文字を大きく入れたいのなら、用紙のサイズを大きくすればその分余裕ができます。

 

まとめ

さて、どうでしたか。デザイナーが気を付けているこの3つのルール…業界ではタブーとされている初歩的なミスです。

イラストレーターで作成する時、初めにトンボを作ってからデザインを書き始めるので、この3つのミスはほとんどないです。

もしあったとしても、提出する前にわかるので、クライアント様はお目にかかることはありません。

こちらの3つは広告・印刷業界でしか使われていませんので、ちょっとした豆知識として語ってみてはいかがでしょうか。

 

チラシデザイン制作事例
はじめてチラサクでチラシ作成を検討の方へ

デザイン制作も 格安印刷も お任せください!

チラシの無料見積もり・お問い合せ

通話無料 つくろう こうこく 0120-296-559

運営/株式会社グラフィティー
電話番号/06-4796-2075
メール/info@chira-saku.jp
営業時間/10:00〜18:00

印刷料金を見る
制作実績を見る
無料お見積もり・ご相談は0120-296-559

電話番号/06-4796-2075
FAX/06-4796-2076
メール/info@chira-saku.jp
営業時間/10:00〜18:00

製作実績を見る 印刷料金を見る ターゲットセグメント
ページ上部へ戻る

チラシ作成についての見積・相談は無料です

無料見積もりフォーム

お電話でのお問い合わせも受付中

0120-296-559